「マツコの知らないお歳暮の世界」で紹介された飲めるみりん | ニュース特報館

「マツコの知らないお歳暮の世界」で紹介された飲めるみりん

スポンサーリンク

12月8日(木)の「マツコの知らないお歳暮の世界」で紹介された「飲めるみりん」、どんな味がするのか飲んでみたいですね。

原料は、もち米、米麹、焼酎だけです。

1年物を飲んだマツコによれば、味はメープルシロップのような味だそうです。

「飲めるみりん」の作り方は、飛騨古川産の優良もち米「たまやまもち」に手作業で作られた米麹に、

<白扇酒造>製造の米焼酎という3つの原料のみをあわせて、90日間仕込んだものを3年間熟成しています。

穏やかな甘さに複雑な旨みが加わった「飲めるみりん」に仕上がっています。

本来のみりんの用途としては:

煮物や麺つゆ、酢の物などに甘みやテリを加える。

どら焼きやホットケーキ、カステラなどのお菓子の風味づけ。

ご飯を炊くときに適量を入れると艶が出て甘みが増します。

この「飲めるみりん」は、高島屋オンラインにて、送料込税込 3,564円で、購入できます。

gifbanner?sid=3131642&pid=883869809 - 「マツコの知らないお歳暮の世界」で紹介された飲めるみりん三年熟成本みりんはこちら

Shopping
スポンサーリンク
管理者をフォローする
ニュース特報館