笠間稲荷神社の初詣 混まないアクセスはどれ?  駐車場はあるのかな?

スポンサーリンク

.jpg - 笠間稲荷神社の初詣 混まないアクセスはどれ?  駐車場はあるのかな?

笠間稲荷神社の例年の参拝者は、81万人です。

「胡桃下稲荷」と呼ばれる日本三大稲荷のひとつ

661(白雉2)年の創建と伝えられます。

この地に胡桃の密林があり、そこに稲荷の大神様を祀っていたことから「胡桃下(くるみがした)稲荷」とも呼ばれています。

あらゆる殖産興業の神様、蘇生(よみがえり)の神様、生成発展の神様、産霊(むすび)の神様、火防の神様として、広く崇敬されています。

本殿は江戸時代末期の建造で、精巧を極めた彫刻があり、国の重要文化財に指定されています。

御利益 農牧、水産、養蚕、殖産産業の神、蘇生(よみがえり)の神、生産発展の神、産霊(むすび)の神、火防の神、家内安全、商売繁盛、五穀豊穣、開運招福、厄除け、交通安全。

【アクセス】

車でのアクセス

東京方面から常磐自動車道→北関東自動車道友部IC下車、国道355号経由約15分

郡山方面から磐越自動車道→栃木都賀JCT→北関東自動車道友部IC下車、

国道355号経由約15分

または、北関東自動車道笠間西IC下車、国道50号(水戸方面)経由約15分

いわき方面から常磐自動車道→水戸IC下車、国道50号線経由約20分

駐車場

三が日は交通規制がありますが、その誘導通りに進むと、民間の駐車場がいくつかあります。(500円)

稲荷近くの進入禁止場所の手前300mの左側にも、元スーパーの駐車場(500円)が、解放されているのでそこに駐車して徒歩で向かっても10分程度の距離で稲荷に行けます。

その他では、その道の一本西の通りにも、広い駐車場があるので、駐車場の心配はいらないと思います。

電車でのアクセス

JR 常磐線友部駅→JR 水戸線笠間駅下車、徒歩約20分またはタクシーで約5分

バスでのアクセス

かさま観光周遊バス(毎日運行※月曜運休) 笠間稲荷神社前下車

高速バスでのアクセス

秋葉原-笠間・益子線 関東やきものライナー

笠間稲荷神社入口下車

楽天旅ノートというこちらの地図は、最寄駅、アクセス、駐車場などの情報がまとまっていて、わかり易いです。

笠間稲荷神社周辺の地図はこちら

⇒ あなたの2020年の運勢は?!

新しい年を迎えると、今の彼との関係がどうなるのか気になりますよね。
「この出会いは運命?」
「今の関係からの転機は?」
「浮気を見過ごすべき?」
悩みや心配を、家族や友達にも相談しても、どうなるというものでなし・・・
そんな悩みや心配をお持ちの方にお薦めなのが
当たると評判!霊感霊視の電話占い【恋愛応援スペーシア】です。
0 - 笠間稲荷神社の初詣 混まないアクセスはどれ?  駐車場はあるのかな?3回まで無料鑑定中ですので、安心して占ってみてください。