第66回NHK紅白歌合戦 出場歌手 50音順

スポンサーリンク

第66回NHK紅白歌合戦は、紅白合わせて51組の歌手が出場します。

これまでの対戦成績は、昨年の白組の勝利で、紅組29勝、白組36勝。

紅組が5組、白組が5組の合わせて10組が初出場です。

 

紅組 白組
E-girls(3) 嵐(7)
いきものがかり(8) 五木ひろし(45)
石川さゆり(38) EXILE(11)
今井美樹(2) X JAPAN(6)
AKB48(8) 関ジャニ∞(4)
NMB48(3) ゲスの極み乙女。(初)
大原櫻子(初) 郷ひろみ(28)
伍代夏子(22) ゴールデンボンバー(4)
坂本冬美(27) 近藤真彦(10)
椎名林檎(3) 三代目 J Soul Brothers(4)
島津亜矢(2) SMAP(23)
Superfly(初) SEKAI NO OWARI(2)
髙橋真梨子(3) Sexy Zone(3)
天童よしみ(20) TOKIO(22)
AAA(6) 德永英明(10)
西野カナ(6) BUMP OF CHICKEN(初)
乃木坂46(初) 氷川きよし(16)
Perfume(8) V6(2)
藤あや子(21) 福山雅治(8)
松田聖子(19) 星野源(初)
水森かおり(13) 細川たかし(39)
μ’s(初) 三山ひろし(初)
miwa(3) 美輪明宏(4)
レベッカ(初) 森進一(48)
和田アキ子(39) 山内惠介(初)
  ゆず(6)

戦後70年 紅組特別企画として、MISIAが出演。
出演は、MISIAの故郷・長崎からの中継を予定

特別企画として小林幸子の出演が決定した。

 

紅組司会者
綾瀬はるか
2013年の大河ドラマ「八重の桜」では、主人公の八重を演じ、その年の「第64回NHK紅白歌合戦」では紅組司会をつとめたのに続いて、2年ぶり2回目の司会。。

白組司会者
伊ノ原快彦
NHKでは2010年から始まった「あさイチ」のメインキャスターをつとめ、お茶の間の人気をあつめている。
NHK紅白歌合戦にはV6として、1999年の企画コーナーに出演、去年は白組歌手として初出場を果たしている。

総合司会
黒柳徹子
NHK紅白歌合戦では1958年の第9回で紅組司会をつとめたほか、1980年の第31回からは4年連続で紅組司会をつとめている。
NHK専属の女優第1号としてデビューした。

有働由美子
NHK紅白歌合戦では、第54回まで3年連続紅組司会を担当。また総合司会は2012年から3年連続で担当、今回で4回目となる。