メッシクラブW杯準決勝欠場は尿管結石のため!治療法は? | ニュース特報館

メッシクラブW杯準決勝欠場は尿管結石のため!治療法は?

スポンサーリンク

バルセロナのFWリオネル・メッシが17日のクラブワールドカップ準決勝を尿管結石を発症したため欠場したことが明らかになりました。

クラブ公式ツイッターが発表している。

尿管結石とは?

尿管結石は、腎臓から膀胱までの直径数ミリ程度の細いおしっこの通り道である「尿管」に石が出来る病気です。

人によって程度は違いますが、尿管結石は、結構痛いです。

結石の長径が5ミリ以下では、自然に排泄する可能性が高いとされています。

手術が行われるのは、結石が自然に排出されず、閉塞や感染によって腎機能が障害されている場合です。

 

治療法は?

上部尿路結石の手術は、結石に衝撃波エネルギーを照射して砕き、尿中に排出させる「体外衝撃波砕石術(たいがいしょうげきはさいせきじゅつ)」が主流でした。

機器の改良によって副作用や痛みが少なく、麻酔なしの日帰り治療が可能になり、患者の体への負担が軽減された反面、結石を砕く効率は低下しています。それにともなって、普及してきたのが内視鏡を用いたレーザー手術です。

尿の流れとは逆向きに内視鏡を入れて、結石を取ったり、レーザーで砕きます。

この「経尿道的腎尿管砕石術(けいにょうどうてきじんにょうかんさいせきじゅつ)」は、現在、治療数が増えてきました。

また、尿管を通らないほどの大きな結石の場合は、皮膚から腎臓のほうに内視鏡を挿入し、結石を砕いて採取する「経皮的腎砕石術(けいひてきじんさいせきじゅつ)」が行われています。

スポーツ
スポンサーリンク
管理者をフォローする
ニュース特報館