岩下志麻 胆石の痛みで緊急入院!胆石の痛み原因・治療法は?

スポンサーリンク

岩下志麻(74)が18日、出席を予定していた忽那汐里(22)主演のNHKBSプレミアム「鴨川食堂」(来年1月10日スタート、日曜午後10時)の会見を、胆石の痛みによる緊急入院のため欠席した。

所属事務所とNHKによると17日夜、持病の胆石による激しい痛みが10年ぶりに急に襲ってきたため、すぐに入院したという。胆のう炎などの心配もあり、検査したが、この日午前、医師からは他に病気の心配はないと診断され、数日で退院できるという。
 
胆石の痛みの原因は?

胆石は胆嚢の中にできます。

肝臓から十二指腸に管がつながっています。

肝臓で作られた胆汁は、この管(胆管)を通って十二指腸で、腸内に排出されます。

胆嚢はこの胆管の途中にナスのようにぶら下がっていて、胆汁を一時たくわえるとともに濃縮します。

脂肪分を食べると脂肪を消化するために、胆嚢が収縮して胆汁を十二指腸から押し出します。

胆嚢の中の石が、胆嚢の出入り口(一か所)に詰まったり、胆管から出た石が胆管煮詰まると、痛みを発生します。

痛みの程度は、人さまざまですが、かなりの痛みを伴います。

痛みは、食後しばらく経ってから出ることが多く、数時間以上続くのが普通です。

胆嚢炎を起こしていると、緊急手術することが多いです。

治療法は?

一時的に痛みが治まっても、多く場合、痛みが再発します。
薬で石を溶かすことは、ほとんどできないと思った方がいいです。

根本的な治療法は、手術で胆嚢を取ること。
腹腔鏡下の手術が一般的なので、3日前後の入院ですむことが多いです。
日帰り手術を行っている病院もあます。

通常、胆嚢をとっても、生活にはほとんど影響はありません。

胆汁の一時貯蔵所がなくなっただけなので、胆汁は肝臓から十二指腸へ届きます。

脂肪分を摂った時に、タイミングよく胆嚢から胆汁がでないというのが、手術前との違いです。

石が溜まっている胆嚢は、すでに機能していないというケースもあるようです。

とすれば、胆嚢をとってもあまり影響はなさそうですね。

岩下さんは、胆嚢炎を起こしていないという事なので、緊急手術をしなかったようですが、今後たびたび胆石の痛みが出るようなら、手術をするようになるでしょう。

胆石の腹腔鏡下手術は入院が2泊3日だった