日経225先物シグナル配信って儲かるの? トレード実践レポート11月週報!

スポンサーリンク

日経225先物シグナル配信のトレードを始めて1ヶ月経過しました。

日経225先物シグナル配信・10月の成績まとめ

10月28日(金)時点の累積益は、ミニ1枚の取引で631円でした。

1月最終日の31日(月)は、3つのシグナルが全敗して、-172円でした。

したがって、10月の利益は、459円です。
これは、手数料、消費税込の利益です。

ミニ1枚なら、45,900円
ミニ5枚なら、この5倍の229,500円
ラージ1枚なら、459,000円

の利益になります。

この取引に必要な証拠金は、
ミニ1枚につき、78,000円
ラージ1枚につき、780,000円です。

証拠金の額は、証券会社によって異なります。

11月第1週の成績

シグナル配信11月第1週の成績図1 10月トレード開始からの損益推移 右端の枠内が今週の動き

31日(月) の下落から始まった今週は
デイ寄り引け、終日寄り引けが3連敗しました。

この負けを支えたのが
これまで負け続きだったオーバーナイト寄り引けでした。

しかし、先週末の631円から481円の利益に減少しました。

利益は減りましたが
3つのシグナルすべての累積損益が、初めてプラス転換しました。

11月第2週の成績

シグナル配信11月第2週の成績9日のトランプショックは、両建てで乗り切りました。
買い玉がストップロスで手仕舞いした後
トータル微益で、売り玉も手仕舞いしました。

売り玉の手仕舞い指示がなければ、
700円の利益が見込めたところでした。

翌10日、夜間取引の上げ相場で、ストップロスを食らいました。

この日のシグナルは
デイ寄り引け Buy
終日寄り引け Sell
オーバーナイト Sell
でした。

夜間の2枚の売りで、大きく負けました。
翌日も、2枚の買いが、裏目になって
負けでした。

このところ、建て玉が裏目、裏目になっています。

10日 マイナス480円
11日 マイナス215円

10月開始以来の累積利益は
70円(手数料込)です。

 

11月第3週の成績

先週、11月第2週の通算損益は、大幅にマイナスし
損益ギリギリの25円まで下落しました。

シグナル配信11月第3週の成績

11月第3週は、先週の大幅な損失を挽回しただけでなく、
1ヶ月間続いていた、ドローダウンを解消しました。

最高通算利益は、これまでの809円から、897円になりました。

週末時点での通算損益は、871円です。