あなたはFX参加者の9割以上いる負け組?でも、あなたは悪くない!

スポンサーリンク

《FXは参加者の9割以上が負けている世界と言われていますが・・・》

あなたが悪いのではありません。
使っている道具が悪いのです。

従来のローソク足とテクニカルによる精度の低い相場分析では当然だといえます。

——————————————————————————-
市販のMT4用シグナルツールでは勝てません
——————————————————————————-

現在巷で販売されているMT4用シグナルツールというのは、
ほぼ全てが従来の分足の動きから算出したシグナルになって
いますが、これの優位性には限界があると言えます

テクニカル指標というのは各種計算式から構成されて
いますが、値動きが無ければ正しいサインを出しません。

通常の時間足(分足)では、値動きがない時間帯でも
チャートの本数だけは増えていき、テクニカルが効か
なくなりますので、結論としてレンジ相場に弱い
ということになります。

≫≫≫では本当のFX勝ち組はどんなトレードを行っているのでしょうか?≫≫≫

——————————————————————————-
為替相場の脈拍を驚くほど正確にとらえるティックチャート
——————————————————————————-

ティックチャートというのは、レート変動が指定回数起こる度に
ローソク足が形成されるチャートのことで、一般的な1分足、
5分足のような時間的概念がないチャートのことをいいます。

有名なスキャルパーであるボブ・ボルマン氏は、
著書『FXスキャルピング』の中で、
70ティックチャートの使用を薦めています

ボルマン氏の著書には、70ティックチャートを駆使した
トレード手法が400ページ以上にわたり具体的かつ詳細に
解説されており、プライスアクションの聖書といっても
決して過言ではありません。

因みにプライスアクションというのは、ローソク足の
動きやチャートパターンのみに注目して相場解析を
行うテクニックです。

さて、このボルマン理論FXは、
ボブ・ボルマン氏のスキャルピング理論と
ティックチャートで構成されています。

ここでのティックチャートは、
レート変動が指定回数起こる度に
ローソク足が形成されるチャートです。

一般的な1分足、5分足のような時間的概念がない
チャートのことをいいます。

スキャルピングでは定番中の定番で
これを知らずにスキャルピングするなど、
自殺行為に等しいものです。

ティックチャートでは、
値動きを追いかけることは当然ですが、
相場の勢いをより正確に知ることができます。

分足のチャートでは絶対に分からない
勢いと正確性がそこにはあります。

これを秒速スキャルピング向け
に改良することにより、売買回数を飛躍的に伸ばしたトレードシステム
Hyper Click Billionaire Scalping
が昨年末に発売されました。

⇒ Hyper Click Billionaire Scalping の使用レポート

ティックチャートとボルマン理論の組み合わせは、
今までのMT4用サインツールなどは、
全て過去のものになってしまうかもしれません。