藤井聡太六段が七段に昇段するルートとタイミング 最短は今月! | ニュース特報館

藤井聡太六段が七段に昇段するルートとタイミング 最短は今月!

スポンサーリンク

 

20180508231640

藤井聡太六段が七段に昇段するルート

  1. 竜王ランキング戦で連続昇級する
  2. タイトル1期獲得
  3. 竜王挑戦
  4. 六段昇段後全棋士参加棋戦優勝

最短ルート

竜王ランキング戦5組で昇級する

5月17日の船江恒平六段戦に勝つ
七段昇段

 

最短を逃すと次はいつになる?その他のルートと時期

  • 第68期王座戦本戦を勝ち進み挑戦者になる
    9月、10月の五番勝負に勝って王座を獲得する
    七段昇段
  • 第31期竜王ランキング戦5組で優勝し、本戦でも勝ち挑戦者になる
    10月~12月、第31期竜王タイトル戦七番勝負に勝つと竜王になる
    八段に昇段
  • 船江恒平六段戦に負けた場合
    11月に行われる5組の昇級者決定戦で1勝する
    七段昇段
  • 第44期棋王戦の予選を勝ち上がり、本戦で優勝し、挑戦者になる
    2月、3月のタイトル戦五番勝負に勝つ
    七段昇段
  • 2月、第12回朝日杯で優勝する
    七段昇段
  • 3月、第68回NHK杯で優勝する
    七段昇段

竜王への挑戦・竜王へ

藤井六段は、竜王ランキング戦の目標は、本戦出場と語っています。

本戦に出場して、勝ち進み羽生竜王への挑戦者になることが、目標でしょう。

29年前、当時プロデビュー4年目の羽生五段は、NHK杯で、谷川名人と大山、加藤、中原の3人の名人経験者を破って優勝しました。

この年(1989年3月)、最多対局(80局)、最多勝利(64勝)、最高勝率(.800)、最多連勝(18連勝)で、将棋大賞記録4部門4冠、最優秀棋士賞を受賞しました。

そして、この年の竜王ランキング戦、第2期竜王戦で3組優勝者として挑戦者決定トーナメントを勝ち上がって挑戦権を獲得、タイトル戦に初登場、初タイトルを獲得しました。

名人、竜王を破って朝日杯優勝、将棋大賞記録4部門独占をした藤井六段にとって、羽生五段の歩んだ竜王への挑戦・タイトル獲得は、無謀な目標では、ないはずです。

その第一歩は、5月17日の船江恒平戦から始まります。

 

将棋
スポンサーリンク
管理者をフォローする
ニュース特報館