エンゼルス大谷翔平 メジャー自己最速163キロ!2018年球速TOP5を独占!現地映像まとめShoheiOtani【アマテラス放送局】 | ニュース特報館

エンゼルス大谷翔平 メジャー自己最速163キロ!2018年球速TOP5を独占!現地映像まとめShoheiOtani【アマテラス放送局】

スポンサーリンク

チャンネル登録お願いします
→ http://www.youtube.com/channel/UCJUA5oNZUudC0EzwZY76iZw?sub_confirmation=1

■大谷翔平プロフィール
岩手県奥州市出身のプロ野球選手。
右投左打。MLBのロサンゼルス・エンゼルス所属。マネージメント契約はホリプロ。
投手と打者を共に本格的に行う二刀流であり、2014年にはNPB史上初となる
「2桁勝利・2桁本塁打」を達成。
翌2015年には最優秀防御率、最多勝利、最高勝率の投手三冠を獲得。
投打両方で主力としてチームのリーグ優勝と日本一に貢献し、
NPB史上初となる投手と指名打者の2部門での
ベストナインの選出に加え、リーグMVPに選出された。

又球速160km/hの日本のアマチュア野球最速投球記録
更に165km/hのNPB最速投球記録保持者である。

4月1日の投手パワプロデビュー戦で初勝利をあげ、打てば2試合連続ホームラン。
デビューそうそう全米の度肝を抜き、「大谷翔平あり」と見せつけた。
0-6の2死、走者なしで迎えた第1打席。
カウント2ボールからの3球目、約151キロの速球をたたき、
打球は中堅フェンス奥にある球場名物の「ロックパイル」に直撃した。
第2打席は、センターフライに倒れたが、
3戦連発は、日本人メジャーリーガーでは2人目。
2004年9月と2007年7月にヤンキース松井秀喜外野手がマークしている。
2004年の松井はメジャー2年目。
1年目で、しかも4月にマークしたのは大谷が史上初となった。
投手でも、アスレチックス戦で初登板で初勝利を挙げている。
オープン戦では打率1割台、本塁打なしと不調だったが、
開幕直前に右足を上げないノーステップ打法に変えたことで
打撃は好転した。
3戦連続アーチは、大谷の実力を証明している。

大谷翔平
スポンサーリンク
管理者をフォローする
ニュース特報館