箱根大涌谷の噴火で増えていた地震の発生回数が少なくなってきた! | ニュース特報館

箱根大涌谷の噴火で増えていた地震の発生回数が少なくなってきた!

スポンサーリンク

6月の月末に噴火活動が起きて以来、箱根大涌谷の地震活動が落ち着いてきたのは、嵐の前の静けさでしょうか?
神奈川県温泉地学研究所のデータをもとに、地震回数の推移をグラフにまとめてみた。

6月3日以降、6月20日に209回を記録した以外は、1日当り20回から30回くらいの地震発生回数が続いていた。
6月21日以降は、さらに落ち着くかと思えたとたんに、29日に538回、30日に343回、7月1日に114回の地震を記録した。
特に29日の急な活動は、今回の地震活動が始まって以来初めて、火山灰の降灰が見られたというので、いよいよ本格的な活動に入るのかと心配になった。
20150727141018
ところが心配をよそに、地震活動はその後、1か月近く静かな状態が続いている。
地震の発生回数が、1日に10回に満たない日が7日も有るのが、これまでと少し様子が違っている。
1日あたりの地震発生回数では、活動が活発になる4月26日以前に近いようである。

とはいえ、鎌倉時代以来の地震活動のようなので、安易な期待は持てないにせよ、このまま地震活動が治まるのが、期待できるような地震の数の減り方です。

大涌谷周辺の立ち入り規制が、6月末の活動で1段階強化されたためか、夏休み中なんて、普段は予約できない箱根の保養所に空室がたくさん出ていました。

先月に引き続き、今月も月末に、姥子の保養所へ泊りに行く予定です。

地域未分類
スポンサーリンク
管理者をフォローする
ニュース特報館

コメント