イチロー42歳に現役プレーを可能にした 「小山式トレーニング」 | ニュース特報館

イチロー42歳に現役プレーを可能にした 「小山式トレーニング」

スポンサーリンク

42歳イチローに現役プレーを可能にした
「小山式トレーニング」

この小山式トレーニングを採用している有名スポーツ選手は、長い現役生活を続けています。

来年42歳でメジャーリーグで現役を続けるイチローは、毎日小山式トレーニングを行っています。
自宅とホーム球場に、小山式トレーニングをするためのマシンを設置しています。
試合のある日は、試合前後に小山式トレーニングを欠かしません。2015年、中日の山本昌投手は満50歳で公式戦の登板を果たしました。
2014年には、日本プロ野球史上最年長・勝利投手記録(49歳0ヶ月)を打ち立てました。
50歳までプロ野球の投手が現役を続けるというのは、驚異的なことです。

プロゴルファーの青木功選手は、73歳にして今なおレギュラーツアーに出場しています。
青木功はとても早い段階で、このトレーニングに親しんでいます。

小山式トレーニングをしているのは、一流のスポーツ選手だけではありません。
スポーツと縁のなかった高齢の方も小山式トレーニングで、健康で活動的な生活を楽しんでいます。

それは、小山式トレーニングが、一般にイメージするトレーニングとは違うからです。

小山式トレーニングは

  • とても簡単です。
  • 力いっぱい頑張りません。
  • 自分の限界を超えるトレーニングをしません。

だから、トレーニング中は気持ちが良くなります。
実際、トレーニング中に目を閉じている人が多いです。

 

トレーニングの後に

  • とても体がスッキリ軽くなった気持ちになります。
  • 次の日に筋肉痛になりません。
  • からだの動きが滑らかになります。
  • 身体の関節の動く範囲が広くなります。
  • 怪我をしにくい体になります。

 

このトレーニングを続けると

  • からだの動きが滑らかになります。
  • 身体の関節の動く範囲が広くなります。
  • 怪我をしにくい体になります。 

この小山式トレーニングは、スポーツ選手には、怪我をしにくい体、柔軟な体、瞬発力やパワーの向上、疲労の蓄積や筋肉痛なども起こりに身体が期待できます。

一般の人は、年齢とともに、筋肉の柔軟性・弾力性の低下するのを防ぎ、いつまでも若々しい軽やかに体を動かすことができます。

高齢者のかたは、介護予防や生活習慣病の予防になるので、寝たきりとは無縁の生活を続けることができます。

小山式トレーニングについてもっと知りたい方は、こちらのブログをご覧ください。

スポーツ
スポンサーリンク
管理者をフォローする
ニュース特報館