下町ロケット 第3話あらすじ・予想 | ニュース特報館

下町ロケット 第3話あらすじ・予想

スポンサーリンク

TBS公表の「下町ロケット 第3話のあらすじ」に、自分の技術者としての推量を交えて、第3話の予想あらすじとしてまとめまてみました。

ナカシマ工業とのあいだの訴訟は、佃製作所が事実上の勝利をおさめます。

和解金が56億円、そのうえ帝国重工に特許を譲渡すれば、その上に20億円もの現金が会社に入っていきます。

社内は盛り上がり、明るい雰囲気に包まれますが、ひとり佃(阿部寛)だけは別の可能性を考えていました。

そして特許を譲渡するか、使用契約を申し入れるか回答する日が来ます。

バルブシステムの使用権利を買い取り、スターダスト計画の遅れを取り戻そうとしていた財前(吉川晃司)と富山(新井浩文)に対して、佃は財前たちが予想もしなかった提案をします。

財前たちを驚かしたその提案とは、佃製作所がバルブシステムを製作し、帝国重工に収めるという提案です。

江原(和田聰宏)や迫田(今野浩喜)、真野(山崎育三郎)たち若手の社員は、特許権を譲渡すれば、何十億円というお金が会社に入ると考えていました。

佃が財前に提案した内容を聞くと、「自分の夢のために会社を私物化するな」と佃に抗議します。

その上、開発部のリーダーの山崎(安田顕)や、埜村(阿部進之介)らバルブシステムの開発チームの関係もギクシャクしてきます。

試作品がうまくいっても、製品として納入するまでには、大きな壁が有ります。

帝国重工がもとめる、精度、信頼性の要求に応えなければなりません。

帝国重工の厳しい受け入れ検査にもパスしなければいけません。

本当に製品として帝国重工に納められるバルブシステムを開発できるのか、若手の開発メンバーの心配は無理もありません。

社内は動揺し、退職を考える社員も出てきます。

そんなある日、佃は、娘の利菜(土屋太鳳)から突然、「1億円を貸してください」と頼まれます。

あらすじ通りに展開するか、第3話の放送が待ち遠しいですね。

第4話のあらすじはこちらです。

ロケット編の見逃し配信をお探しなら、
こちらのページをご覧ください。

 

 

芸能
スポンサーリンク
管理者をフォローする
ニュース特報館