ふるさと納税|今年はここが違う! | ニュース特報館

ふるさと納税|今年はここが違う!

スポンサーリンク

ふるさと納税のしくみを使って、住民税の一部を、自分の好きな自治体に寄付すると、寄付された自治体から、いろいろなお礼の品物をもらえるというので、この制度を利用する人が多くなっています。

ふるさと納税は、2,000円を自己負担して、寄付をする制度です。
決して、住民税そのものが少なくなるのではありません。
ふるさと納税といっても、税制上は寄付金です。
そのそのふるさと納税が、今年、一部改正されました。

  • 寄付金の限度額が、これまでの2倍にアップしました。
  • 寄付先の自治体が、5か所以内なら確定申告が不要になりました。

限度額が2倍になったとともに、限度額以内なら、寄付先がいくつあっても、自己負担額は2,000円で済みます。

この改正により、年収300万円の独身サラリーマンの場合の限度額は、31,000円になりました。

ふるさと納税をして受けられる住民税、所得税の控除額の計算は、面倒な式がありますが、結局、寄付した金額-2,000円が住民税と所得税を合わせた控除額になります。
結局、自己負担額が2,000円ということです。

ふるさと納税のタイムリミットは、12月31日です。

この日を過ぎると、今年の寄付金控除を受けられなくなります。

また、お礼の品が、品切れになるものが多いですから、ふるさと納税を考えている人は、早めの行動を心がけてください。

ふるさと納税で注意しないといけないのは、自分の年収でできる寄付の上限額です。

この上限額を超えると、超えた分の全額は戻ってきませんから、注意が必要です。

おおむね、住民税の20%程度が全額控除される上限でしょうか。

 

全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安

ふるさと納税を行う方本人の給与収入 ふるさと納税を行う方の家族構成
独身又は共働き※1 夫婦※2又は共働き+子1人(高校生※3 共働き+子1人(大学生※3) 夫婦+子1人(高校生) 共働き+子2人(大学生と高校生) 夫婦+子2人(大学生と高校生)
300万円 31,000 23,000 19,000 15,000 10,000 4,000
350万円 38,000 30,000 26,000 22,000 17,000 9,000
400万円 46,000 38,000 34,000 30,000 25,000 17,000
450万円 58,000 46,000 42,000 38,000 34,000 25,000
500万円 67,000 59,000 52,000 46,000 42,000 33,000
550万円 76,000 67,000 64,000 59,000 52,000 42,000
600万円 84,000 76,000 73,000 68,000 65,000 53,000
650万円 107,000 85,000 82,000 77,000 74,000 65,000
700万円 118,000 108,000 105,000 86,000 83,000 75,000
750万円 129,000 120,000 116,000 110,000 107,000 85,000
800万円 141,000 131,000 128,000 122,000 118,000 99,000
850万円 152,000 143,000 139,000 133,000 130,000 120,000
900万円 164,000 154,000 151,000 145,000 141,000 132,000
950万円 176,000 167,000 163,000 157,000 154,000 144,000
1,000万円 188,000 179,000 176,000 170,000 166,000 157,000
1,500万円 394,000 382,000 378,000 371,000 366,000 355,000
2,000万円 572,000 560,000 556,000 548,000 544,000 532,000
2,500万円 858,000 845,000 840,000 831,000 826,000 813,000
3,000万円 1,062,000 1,048,000 1,043,000 1,035,000 1,030,000 1,016,000
3,500万円 1,265,000 1,252,000 1,247,000 1,238,000 1,233,000 1,220,000
4,000万円 1,468,000 1,455,000 1,450,000 1,441,000 1,437,000 1,423,000
4,500万円 1,865,000 1,850,000 1,845,000 1,835,000 1,830,000 1,627,000
5,000万円 2,092,000 2,077,000 2,072,000 2,062,000 2,057,000 2,042,000
6,000万円 2,546,000 2,531,000 2,526,000 2,516,000 2,511,000 2,496,000
7,000万円 3,000,000 2,985,000 2,980,000 2,970,000 2,965,000 2,950,000
8,000万円 3,454,000 3,439,000 3,434,000 3,424,000 3,419,000 3,404,000
9,000万円 3,908,000 3,893,000 3,888,000 3,878,000 3,873,000 3,858,000
1億円 4,362,000 4,347,000 4,342,000 4,332,000 4,327,000 4,312,000
※1 「共働き」は、ふるさと納税を行う方本人が配偶者(特別)控除の適用を受けていないケースを指します。(配偶者の給与収入が141万円以上の場合)
※2 「夫婦」は、ふるさと納税を行う方の配偶者に収入がないケースを指します。(ふるさと納税を行う方本人が配偶者控除を受けている場合)
※3 「高校生」は「16歳から18歳の扶養親族」を、「大学生」は「19歳から22歳の特定扶養親族」を指します。
※4  中学生以下の子供は(控除額に影響がないため)、計算に入れる必要はありません。
例えば、「夫婦子1人(小学生)」は、「夫婦」と同額になります。また、「夫婦子2人(高校生と中学生)」は、「夫婦子1人(高校生)」と同額になります。
出典:総務省 ふるさと納税の仕組み

 

 

未分類
スポンサーリンク
管理者をフォローする
ニュース特報館