[全仏オープン] 錦織圭が2回戦で対戦するベルッチは要注意! | ニュース特報館

[全仏オープン] 錦織圭が2回戦で対戦するベルッチは要注意!

スポンサーリンク

全仏オープンテニス2015で、錦織圭、トマス・ベルッチはともに1回戦を、3-0のストレートで順当に勝ち上がり、27日(水)の2回戦で対戦することになりました。

トマス・ベルッチとはどのようなプレーヤでしょうか?

フルネームはトマス・コシアラリ・ベルッチ(Thomaz Cocchiarali Bellucci, 1987年12月30日生まれ 27歳)。
出生地はブラジル・サンパウロ州ティエテで、身長188cm、体重80kg。
左利きでバックハンド・ストロークは両手打ち。
サーブとフォアハンドを得意にしています。

世界ランキング:40位
ATPランキング自己最高位:シングルス21位 ダブルス115位

これまでの戦績:ATPツアーでシングルス4勝。
全仏では、2010年に4回戦へ進出したのが最高の成績。

錦織圭とベルッチの過去の対戦成績は、2007年の1試合でベルッチの1勝。

全仏オープンの一週間前にスイスのジュネーブで行われたクレーコートの「ジュネーブ・オープン」で優勝しています。
その前の週のイタリア国際では、ランキング1位のジョコビッチと対戦し、負けましたが第1セットを取っています。

「ジュネーブ・オープン」の決勝では、第6シードのジョアン・ソーサ(ポルトガル)を7-6 6-4で破り、優勝しました。
第1セットは、タイブレークになり、7-4でこのセットを取りました。
第1セットを取った後の第2セットは、先にサービスブレークされた後、4ゲームを連取して逆転し、ツアー4勝目を挙げました。
なかなかしぶといプレーヤーのように、みうけられます。

ベルッチは、過去2回スイスのクレーコートで優勝しています。
今回の優勝で、4回のうち3回優勝がクレーコ-トでの優勝ということになり、クレーコートを得意にしています。

ベルッチは、「ジュネーブ・オープン」の優勝で世界ランキングを60位から40位に上げました。
今期絶好調のプレーヤーです。
願ってもない形で、気持ちよく全仏オープンに入って来ているでしょう。

ノリノリのベルッチ相手に、錦織圭がどのようなプレーを見せるか、27日の試合が楽しみです。

スポーツ
スポンサーリンク
管理者をフォローする
ニュース特報館

コメント